部下育成の手法|8つの秘訣

部下育成の手法|8つの秘訣

「部下育成と恋愛は一緒」、部下育成の悩みを解決します!

世の中には、チームマネジメントの方法やコーチングのことが書かれた本が溢れています。

ただ、正直なところ情報量が多く「結局どうすればいいの?」と部下育成の手法について悩んでいる方が多いかもしれません。

今回は、実際に部下を抱えておられる上司の方向けに、「部下育成が上手くいく8つの秘訣」をご紹介します。

いまからお伝えする、部下育成の手法8つの秘訣は、面白いほど「恋愛がうまくいくコツ」とよく似ています。

ぜひ、ご自身の恋人やパートナーの顔を思い浮かべながら読んでいただければと思います。

1.デート(方向性)の場所をリードする

まず1つめの部下育成の手法として「デート(方向性)の場所をリードする」というのがあります。

彼女をデートに誘っておきながら、「さて…今日はどこに行こうかな?」と言われると興ざめです。

部下に会社やチームの方向性を見せるのは、リーダーとして最低限必要なことです。

よく目先の目標数値ばかりを部下に厳しく指摘する割に、目標の裏にある「背景」を言わないリーダーがいますが、これでは部下のモチベーションも下がります。

部下を動かす要素は、「お金」や「地位」だけではありません。

仕事の意義を示すこと、「動機付け」が非常に重要になります。

2.放置禁止

部下育成の手法2つめとして「放置禁止」というのがあります。

部下にいつも声掛けをする。

これも部下育成の手法として大切な要素です。

彼氏や彼女がいながらずっと放置しておくと、いつの間にか去ってしまうように、さりげなく声をかけることはモチベーション維持にも役立ちます。

なにも「毎週1時間の面談をする」といった大げさなことは必要ありません。

出勤時に会社で会ったら、

「あっ今日はなんか表情いいね!」

くらいの言葉をかけましょう。

部下からすると「気にかけてもらっている」で十分なのです。

3.夢を語る

部下育成の手法3つめ、「夢を語る」。

自分の好きな相手が将来の夢を語ったり、胸に秘めた目標を打ち明けてくれたりすると、なんだか応援したくなりませんか?

それは、リーダーと部下との間でも同じです。

部下も自分が好きな上司の夢は応援したくなるものです。

またその逆もありで、当然夢を持っている部下のことを上司は応援する必要があります。

いまの会社で目指したい社内業績、事業の計画、身近なプロジェクトの成功や家族の目標など、目指す目標はなんでもかまいません。

ここで少し興味深い調査データがありましたのでご紹介します。

以下はJTBグループの株式会社JTBコミュニケーションデザインが実施した「ウィズコロナ時代のモチベーション調査」のデータです。

この調査では新型コロナウィルスの影響をふまえ、「これからの仕事をどうとらえているか…?」といったことが調査されています。

いくつかの設問がありますが、下記の図のとおり「会社のビジョンや理念を実現したいと思う」という思いが強ければ強いほど、「がんばろうと回答した数が多い」という結果が出ています。

考えてみれば当たり前の話かもしれません。

このデータを見る限り、とにかく部下をやる気にさせるのには「会社のビジョンを語る」「自分の夢を語る」といったことが重要であることがわかります。

ウィズコロナ時代のモチベーション調査|KEN'S BUSINESS(ケンズビジネス)|職場問題の解決サイト中間管理職・サラリーマン・上司と部下の「悩み」を解決する情報サイト
ウィズコロナ時代のモチベーション調査

4.誰も褒めないところを褒める

部下育成の手法4つめとして、「誰も褒めないところを褒める」というのがあります。

誰も褒めないような箇所を褒められると「あれ?こんな部分まで見てくれてたんだ」と、なんだか嬉しくなる経験はありませんか?

恋愛対象の彼氏や彼女ならなおさら、この褒め方は部下にも使えます。

たとえば、以下のような褒め方も部下育成の手法としておすすめです。

事柄当たり前の褒め方部下育成の手法としておすすめの褒め方
綺麗な資料ができた単に見た目が綺麗と褒める〇〇色が見る人の心に刺さる…などと具体的に褒める
目標数字を達成できた単に達成率だけを褒める達成までのプロセスを褒める。達成をサポートしたまわりの人も褒める
仕事が早くできた単に処理時間だけを褒める早く処理できたことで、チームとしてどんな効果があったのか具体的に褒める
部下育成の手法としておすすめの褒め方一例

逆に、せっかく部下が頑張ったのに上司が素っ気ない態度を示したり、「やって当たり前」といった言動を示すことは部下のモチベーションダウンにつながります。

KEN’S BUSINESSで独自調査した「オリジナル100人アンケートデータ公開」「イラつく上司の言動を教えてください」でも、実際の職場で起きているダメな上司の言動をいくつかご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

5.ダメなところは指摘する

部下育成の手法5つめとして、「ダメなところは指摘する」というのがあります。

部下を鼓舞しておだてるだけでは、マネジメントはうまくいきません。

実績が上がらない、頼んだ仕事ができない部下には、厳しく指摘することも大切です。

ただ、ここで注意すべき点がいくつかあります。

以下にポイントを列記していますが、部下もひとりの人間です。

敬意をもちながら指導するように心がけましょう。

<部下を指摘する場合に注意したいポイント>

  • 誰もいないところで指摘する
  • 指摘した内容の2倍はフォローすることを約束する
  • 課題を気づかせて、部下から話すように語りかける
  • 部下の仕事は否定しても、部下という「人」は否定しない
  • 指摘の面談は10分以内で終わらせる

6.相談してくれたら喜んで相談にのる

部下育成の手法の6つめとして、「相談してくれたら喜んで相談にのる」というのがあります。

恋人から話しかけられているのに上の空で話を聞いていると、いつの間にか話す気も失せてきます。

部下から相談されたら最優先で時間をとるのは当たり前で、それよりも大事なのは「普段から話しかけやすい雰囲気を作っておく」ということです。

どんなに忙しくても、できれば暇そうな雰囲気をかもしだしてみましょう。

部下から「ちょっとよろしいでしょうか?」と話しかけられたら、

「タイミングよく今暇になったよ!」

と言うくらいがちょうどいいかもしれません。

7.たまに弱いところも見せる

部下育成の手法7つめ!「たまに弱いところも見せる」。

部下も上司が100%強い人間ではないことは重々理解してくれています。

この方法を多用するのはあまりおすすめできませんが、たまには弱いところや悩んでいることを部下に打ち明けてみるのはどうでしょうか?

ただ上司が弱いところを見せるにしても、部下から応援してもらうには上記でお伝えしたようなフォローが徹底できていることが大前提になります。

普段から何もできていない上司から弱みを見せられても、部下は迷惑でしかありません。

8.サプライズする

部下育成の手法の最後8つめ、「サプライズする」というのがあります。

この点も、恋愛のコツと非常によく似ています。

ここまでご紹介したような「誰も褒めないところを褒める」と重複しますが、部下なら普段から自分のことを見てくれている上司には報いたい!と思うものです。

  • 部下の誕生日にはささやかなプレゼントをする
  • 部下の配偶者や子どもの誕生日には声をかける
  • 部下が達成したときはサポートしてくれる家族にもメッセージを送る

上記のほかにも、部下があっと驚くサプライズを考えてみてください。

部下が喜ぶ顔を想像しながら考えるだけでも、部下のことをよく知るいい機会になります。

まとめ

部下育成の手法として8つをご紹介しました。

部下マネジメントは、なかなか一筋縄ではいかないものです。

しかし苦労して育てた部下から「あなたのもとで働けて良かった!」と言われる瞬間は、上司冥利に尽きる…といっても過言ではありません。

ぜひ、今回の記事を参考に部下育成の悩みを解決してください。

当サイトには、このほかにも部下の業績が上がらない理由|アンダーマイニング効果など、部下育成の悩みを解決する記事がたくさんあります。

お時間のあるときにでもお読みいただければ幸いです。

マネジメントカテゴリの最新記事