書籍化されました!

2021年6月25日発売!
20名の組織を任されたリーダーへ!これ一冊ですぐに結果を出せる チームビルディング

楽天で購入

コーチングとは?上司なら知っておきたいマネジメントの話

コーチング|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト マネジメント
この記事は約3分で読めます。
悩める上司と部下の方向け水先案内

コーチングとは、「目標を達成するために、どのような知識、スキル、ツールが必要かを棚卸しして、テーラーメイド(個別)に装備していくプロセス」と定義できます。

つまり、コーチングとは、自発的な行動を促すコミュニケーションの一形態なのです。

現在、多くの企業や組織では、

  • 人材育成
  • リーダーシップ開発
  • 組織開発などの組織マネジメントにおける人材育成

これらの手法として、コーチングを導入しています。

コーチングの意味の由来

馬, 動物, アウトドア, 農村, クローズアップ, 美しい, 乗馬, ブラック|
KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

コーチ(COACH)という言葉は、もともと「馬車」を意味し、「大切な人を行きたいところに連れて行く」という意味があり、そこから「誰かの目標達成を手助けする」という意味になりました。

コーチとは、クライアントにコーチングサービスを提供する人のことです。

  • 新しい洞察をもたらす
  • 視点を増やす
  • 考え方や行動の選択肢を増やす
  • 目標達成のために必要な行動を促す

ここで重要なのは、コーチがこれらをリードしたり強制したりするのではなく、相手がイニシアチブをとって実現できるようにすることです。

教えない、アドバイスしない?

メンター, スタートアップ, 指導, アドバイス, 資金調達, 支援|
KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

そのため、コーチングでは基本的に「教える」「アドバイスする」ということはしません。

その代わりに、「質問し、聞く」という対話を通じて、相手からさまざまな考え方や行動の選択肢を引き出すのです。

コーチングを受ける対象者が、目標を達成するために必要なスキルや知識、考え方を持ち、双方向のコミュニケーションを通じて行動し、結果を出すことを支援するプロセス……

人や組織の可能性を切り開くために、今、リーダーやマネージャーに求められている能力です。

多くの企業では、仕事の能力や実績を考慮して管理職を任命しています。

しかし、仕事の能力と、部下の育成を含めたマネジメントの能力は、まったく別のものです。

また、社会の急速な変化とそれに伴う組織のあり方の変化に応じて、マネジャーに求められる役割も変化していきます。

その中で、マネジャーは自分に何が期待されているのかをリアルタイムで理解し、それを実現していく必要があります。

最後に:部下の話に耳を傾けることはコーチングの一歩

今日、組織には急激な環境変化への対応が求められるようになり、社会構造はトップダウンからボトムアップへと変化しています。

それに伴い、企業内でも指示・命令型ではないコミュニケーションが求められています。

また、年功序列や終身雇用の時代が終わり、権威主義が力を失い、個人の価値と企業の目標を結びつけることが重要になってきています。

その結果、マネージャーには単なるマネジメントを超えた新しいマネジメントスタイルが求められるようになりました。

このような状況の中、従来のマネジメントスタイルである

  • ティーチング
  • インストラクション
  • トレーニング
  • メンタリング
  • カウンセリング

に、コーチングスキルやコーチングの考え方を取り入れた「コーチング型マネジメント」が注目されています。

これまで、部下とのコミュニケーションで「聞く」ことが少なかった人は、1日5分でもいいので、部下の話に耳を傾けてみてください。

それだけでも大きな変化があるはずです。

会社組織を考えると、上司がコーチとして、部下の個人的な価値観や能力に着目し、それが会社の目標の中でどのように実現されるのかを明確にしなければ、部下は行動を起こさず、時には人材流出も避けられない時代です。

これからのマネージャーには、部下を管理するだけではなく、部下のビジョンや能力、自発性に着目し、それを育むコーチとしての役割が求められています。

コメント