デジタルでスケジュール管理をするメリット

スケジュール手帳|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト 生産性向上/ITスキル
この記事は約2分で読めます。

皆さんはスケジュール管理をするのに、手帳派ですか?それともスマホやPCでのデジタル派ですか?

今回はデジタルでスケジュール管理をする場合のメリットについてご紹介します。

スマホやPCといったデジタルでスケジュール管理をするメリット

1.バッグの中の荷物が減る

バッグ, 革製品, ハンドバッグ, ノート, アクセサリー, 携帯電話|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

手帳はモノによっては重いし、カバンの中で場所をとるし、カバンが小さくて入らない場合も。

荷物が減るということは、通勤や外回りでの身体への負担も違ってきます。

2.いつでもスケジュール確認可能

カレンダー, 日付, 月, 日, 数, スケジュール, アラーム, 主催者|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

予定をすべて紙のノートに書き込んでいると、手帳を忘れたときに確認できないという問題が生じます。

外出先でメールや電話がかかってきても、すぐに確認・返信できない場合もあるでしょう。

スマホやPCであれば、データをクラウドで同期できるため、どこでも、どのような端末からでもスケジュールを確認することができます。

3.予定をすべての端末に同期!

クラウドイメージ|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

手帳に書き写す作業が面倒ではありませんか?

デジタルでスケジュール管理をしていれば、タブレットやスマホ、会社のパソコンから自宅のパソコンまで、どのような端末からでも同じようにスケジュールを確認することができます。

4.数年単位で予定を立てられる

双眼鏡, 探している, 男, 検出, 人, ビジョン, 検索, アウトドア, 見|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

目標を設定して、5年後、10年後の具体的な計画をスケジュール管理できるのはすごいことです。

紙の手帳のような、物理的な制限がないのは大きなメリット言えます。

5.手帳にお金がかからない

お金と男性|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

手帳用のカバーやペン、シール、付箋などを購入する必要があるでしょう。

でもデジタル管理なら、そういった物理的なものにお金をかける必要はありません。

もし、使っているスケジュール管理アプリが気に入らなければ、膨大なアプリからいくらでも選べます。

紙の手帳ではそうはいかないですよね。

買う前から、使い方を想定してよく吟味する必要があります。

まとめ

スケジュール管理は紙派!手帳でしょ!という皆さんはどうお感じになりましたか?

今回はデジタルでスケジュール管理をする場合のメリットについてフォーカスしましたが、次回は紙手帳のスケジュール管理のメリットで考えてみたいと思います。

コメント