VUCA(ブーカ)時代とは?

VUCA(ブーカ)時代とは?

VUCA(ブーカ)という言葉は、もともと1990年代に米軍が冷戦終結後の複雑な国際情勢を表す軍事用語でした。

2010年代に入ってからは、ビジネスの場面でも使われるようになりました。

意外と古くからある言葉なんですよ。

そのVUCA(ブーカ)の意味とは、

  • ビジネス環境
  • 市場
  • 組織
  • 個人

など、あらゆるものが変化し、未来を予測することが困難な状況を表す造語です。

  • Volatility(変動性)
  • Uncertainty(不確実性)
  • Complexity(複雑性)
  • Ambiguity(曖昧性)

これら4つの単語の頭文字をとって作られています。

今日はVUCAの語源となった背景について、それぞれ例を挙げながらご紹介します。

用語状態
Volatility:変動性「これからどのような変化が起こっていくのか」が予測不可能な、変動が激しい状態●「スマートフォン」や「SNS」の急速な普及
●それに伴う営業やマーケティング手法の変化 など
Uncertainty:不確実性不確実な事柄が多く、「この先、私たちを取り巻く環境がどう変化していくのか」がわからない状態●「地球温暖化による気候変動」
●「副業解禁」や「高齢者の活躍」といった少子高齢化に伴う動き など
Complexity:複雑性さまざまな要素・要因が複雑に絡み合っていて、単純な解決策を導き出すのが難しい状態●国によって差がある「キャッシュレス化」の浸透度合い
●一般の人による「空き部屋の貸し出しサービス」 など
Ambiguity:曖昧性「どうしたら、問題を解決できるのか」「本当にこの方法で解決できるのか」、絶対的な解決方法が見つからない曖昧な状態●大手企業がベンチャー企業向けに投資する「ベンチャーキャピタル」 など
出典:DODA

Volatility:変動性

「Volatility:変動性」とは、将来どのような変化が起こるか予測できない急激な変化の状態を指します。

近年、情報技術の急速な発展により、新しい製品やサービスが次々と生み出され、それに伴い市場のニーズや消費者の価値観も多様化しています。

その変化に対応できなければ、ビジネスの衰退につながる一方で、変化にいち早く対応できれば、新たな価値観や社会システムを生み出すきっかけにもなります。

例えば、この10年の間にスマートフォンやSNSが普及し、それに伴って販売やマーケティングの方法が変化したことが挙げられます。

直近ではコロナウイルス感染症拡大によるテレワークや、非接触型決済の爆発的普及が挙げられます。

Uncertainty:不確実性

「Uncertainty:不確実性」とは、不確定要素が多く、私たちを取り巻く環境が今後どのように変化するかわからない状況を指します。

個人、組織問わず不安定な状況と言えます。

不確実性があると、事業計画や販売計画などのビジネス予測が難しくなります。

例えば、地球温暖化による気候変動、副業解禁や少子高齢社会の到来による高齢者の活躍、年功序列から成果主義への移行なども不確実性の一例です。

また、2020年に世界的に流行して現在も猛威を振るっている新型コロナウイルスの経済的影響も不確実性の一例です。

Complexity:複雑性

「Complexity:複雑性」とは、さまざまな要素や要因が絡み合って、単純な解決策を考え出すことが難しい状態のことを指します。

複雑性が高いと、ある国や企業のベストプラクティスを他の国や企業に適用することが難しく、1つの国や企業が問題を根本的に解決することはできません。

その一方で、既存の枠組みを超えたビジネスや革新的なアイデアが生まれることもあります。

例えば、マイナポイント施策と新型コロナウイルス感染症をきっかけとして爆発的普及をしたキャッシュレスサービスや、Uber Eatsによるフードデリバリーサービス、空室をテレワークやリモートワークを行う人へ貸し出すレンタルスペースなどが挙げられます。

Ambiguity:曖昧性

「Ambiguity:曖昧性」とは、絶対的な解決策が見つからない曖昧な状態のことを言います。

曖昧な状態とは、先に述べた

  • 「Volatility(変動性)」
  • 「Uncertainty(不確実性)」
  • 「Complexity(複雑性)」

これら3つが組み合わさった状態です。

「曖昧さ」をビジネスに活用している例として、大手自動車会社や通信会社がベンチャー企業に投資するベンチャーキャピタルが有名です。

VUCAの時代とは?

ここまでは「VUCA」という用語そのものにフォーカスして解説してきました。

ここでは「VUCA」の時代という言葉が具体的に何を指しているのかについて解説していきます。

「VUCA」の時代とはVUCAに当てはまる状況が続いて、既存のビジネスモデルや価値観が通用しない時代を言います。

近年、情報技術の急速な発展や新型コロナウイルスの影響などにより、世界的にVUCAの度合いが高まっています。

2016年に開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)で「VUCA World」という言葉が多く使われ、この事実が広く認識されるようになりました。

これにより「今はVUCAの時代である」ということが国際的な共通認識となりました。

まとめ

VUCAの時代には、常に情報に対してのアンテナを張り、率先して新しいことを学ぶ必要があります。

新しい価値観を取り入れ、理解する寛容さも求められるでしょう。

VUCAの時代には、市場や顧客のニーズの変化にいち早く気づき、迅速に判断して対応することが求められます。

現場の声を吸い上げ、それを経営陣に伝えることができる上司・リーダーの存在感や期待感は、これまで以上に高まっていくでしょう。

マネジメントカテゴリの最新記事