ウィンザー効果とは?

ハートを取り囲む人のイラスト|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト中間管理職・サラリーマン・上司と部下の「悩み」を解決する情報サイト ビジネススキル向上
この記事は約5分で読めます。

ウィンザー効果とは、「直接知っている情報よりも、第三者や口コミなどで間接的に知っている情報の方が信頼性が高い」という意味です。

ウィンザー効果は主にマーケティングの世界で活用されているものですが、コミュニケーションの改善にも応用できます。

今回は、ウィンザー効果を利用した7つの事例と、そのメリットを4つ紹介します。

ウィンザー効果を理解し、様々な場面で活用していきましょう。

ウィンザー効果とは?

ジャーナリストの写真|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト中間管理職・サラリーマン・上司と部下の「悩み」を解決する情報サイト

ウィンザー効果とは、直接訴えるよりも第三者を介した口コミや情報の方が信憑性が高いという心理状態(効果)のことです。

実際のマーケティングにおいても、この効果は認められており、例えば、ある商品の評判が良いという口コミ情報を第三者が発信すると、購入につながる可能性が高くなります。

ウィンザー効果という名前の由来

ウィンザー効果の原点は、ある小説の登場人物にあります。

ヨーロッパの上流階級の社交界を舞台にした自伝的スパイ小説であるアーリーン・ロマノネスの「伯爵夫人はスパイ」の登場人物であるウィンザー伯爵夫人は、「第三者の褒め言葉は常に最も効果的である、それを忘れてはならない」というセリフがあり、この部分が由来とされています。

ウィンザー効果が起きるメカニズム

ウィンザー効果が起こるのは、利害関係のない人からの情報の方が信憑性が高いからだと言われています。

何かを売ろうとする人は、自分の商品の良さばかりを語りがちです。

しかし、利害関係のない人からの情報であれば、「正直」であると判断され、信憑性が高くなるのです。

特に、あなたがとても信頼している人や身近な人からの口コミや噂話は、信頼性を高める大きな可能性を秘めています。

なぜ?ウィンザー効果が注目されている理由

ビジネスにおいてウィンザー効果が注目されているのは、マーケティングに活用できるからです。

インターネットや通販でよく使われている口コミや体験談などがウィンザー効果を発揮します。

商品に対するユーザーのコメントや評価が表示され、商品の信頼性や好感度を高めることができるのです。

ウィンザー効果をコミュニケーションに応用する!

コミュニケーション取っている人たちの写真|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト中間管理職・サラリーマン・上司と部下の「悩み」を解決する情報サイト

人間関係を良好にしたいあなたへ

ウィンザー効果は、近寄りがたい相手や親しくなりたい相手がいる場合にも有効です。

ウィンザー効果を利用して、嫌いな人と親しくなりたい場合は第三者に「その人を尊敬している」と伝えればよいのです。

親しくなりたい相手に、「私がその人をよく思っていることを伝えてください」という事実を第三者から伝えてもらうことをお願いしてみましょう。

第三者の声を上手に利用することで、人間関係をスムーズにすることができます。

相手によい印象を与えたいとき

例えば、プレゼンや商談などの場面で相手に好印象を与えたいときに、ウィンザー効果を使うことができます。

自分の気持ちを直接伝えるのではなく、第三者や相手の知り合いを介して伝えるようにします。

また、同時に自分が良い人間であることを相手に知らせると効果的です。

相手のことを知る前に、口コミや噂で「あなたはいい人」という先入観を持たせることで良い関係を築ける可能性が高まるのです。

この方法は恋愛にも使えますよ。

ウィンザー効果のメリット

メリット・デメリットの付箋|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト中間管理職・サラリーマン・上司と部下の「悩み」を解決する情報サイト

コミュニケーションの円滑化

ウィンザー効果は、コミュニケーションを円滑にするために使うことができます。

他人とうまくいっていないと感じたとき、ウィンザー効果を使って第三者に褒めてもらったり、気にかけてもらったりすることができます。

他人を介して伝わった感情は、思った以上に相手に感動をもたらします。

マンネリ化が解消され、コミュニケーションがスムーズになり、人との交流が増えることで人間関係が豊かになるでしょう。

ビジネスに役立つ

ウィンザー効果は、売上増加の可能性を高めるため企業の成長に役立てることができます。

SNSや広告などで、お客様の声や口コミで評判が広がればウィンザー効果が期待できます。

もしこの記事を読んでいる皆さんがマーケティングの担当者なら、積極的にウィンザー効果を活用してみましょう。

良い印象付けをする

ウィンザー効果は、悪い印象を与えにくくするため良い印象を与えるのに有効です。

人間は、直接褒められるよりも、第三者を介して褒められた方が信頼度が高くなります。

面と向かって褒めたり、商品の良さを強調したりすると、特に初対面の人は何か裏があるのではないかと思ってしまうからです。

信頼感が増す

ウィンザー効果を利用して、第三者があなたのことを良く思うような意見を伝えてもらうことで、あなたへの評価が高まります。

あなたに利害関係のない人や、信頼している人、親しい人に、あなたが信頼に値する人物であることを、口コミや噂で教えてもらうのです。

これは、あなたを褒めても何の得にもならない人の意見の方が、相手の心に響きやすく、あなたが信頼できる人であるという印象を与えることができるので効果的です。

まとめ|ウィンザー効果を活用しよう!

ウィンザー効果は、人生のあらゆる場面で活用できます。

誰かを褒めたいとき、誰かに良い印象を与えたいとき、第三者に言ってもらったほうが信憑性が高いと言われていますし、営業などのビジネスシーンでも活用することができます。

ウィンザー効果をより深く理解し、プライベートでもビジネスでも活用して自分の評価や信頼性を高めていきましょう。

コメント