年収を上げたいなら朝型人間になろう

年収を上げたいなら朝型人間になろう

あなたは普段、何時に起床し、何時に出勤していますか?

ビジネスパーソンにとって、仕事のパフォーマンスを上げるためには、良質な睡眠が欠かせません。

そこで、現代のビジネスマンの睡眠習慣を徹底的に調査したところ、年収の違いと睡眠・朝型生活との間に興味深い相関関係があることがわかりました。

1000万円プレーヤーの3割が「5時間未満」の睡眠

眠たげな女性|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

人材サービス大手のパーソルキャリアは、首都圏の企業に勤める男女800人のビジネスパーソンを対象に、「睡眠事情」をテーマにしたインターネット調査を実施しました。

  • 年収1,000万円〜1,100万円の30代〜50代を「1,000万円プレーヤー」
  • 400万円〜500万円の20代〜40代を「平均的な収入を得ている人」

としました。

ビジネスパーソンに1日の睡眠時間を聞いたところ、「1,000万円プレーヤー」と「平均的な収入の人」はともに「約6時間」が多く、それぞれ43.5%、39.9%でした。

また、1,000万円プレーヤーでは「5時間程度」が24.1%、「4時間以下」が4.8%となっています。

よく、「1日8時間以上の睡眠をとると健康にいい」という話を耳にします。

しかし実際にはそれ以下の睡眠時間のビジネスパーソンも多く、1,000万円プレーヤーの約3割は5時間以下の睡眠時間で活動しているというデータが示されました。

“朝活 “は高収入への近道?

朝活のイメージ画像|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

さらにパーソルキャリアは今回の調査で、睡眠に関する項目として、

  • 起床時間
  • 就寝時間
  • 出社時間

についても調べました。

就寝時間にはあまり差がありませんでしたが、起床時間と出社時間には大きな差がありました。

就寝時刻は、1000万円プレーヤー(29.7%)、平均収入層(38.1%)ともに「午前0時」が最も多く、次いで1000万円プレーヤー(23.4%)、平均収入層(24.1%)ともに「午後11時」となりました。

しかし、1,000万円プレーヤー(41.0%)と平均所得層(38.1%)の両方で最も多かった起床時刻は “6時 “でした。

しかし、それよりも早い時間帯の “5時 “では、1000万円プレーヤー(21.9%)が平均所得層(10.4%)の2倍以上の割合となっています。

一方、遅い時間帯の「7時」については、平均所得層(31.9%)の方が1000万円層(20.7%)よりも多くなっています。

さらに、1,000万円プレイヤーと平均所得層との出社時間の違いも見られます。

平均所得層では9時出社と答えた人が最も多い(32.2%)のに対し、1000万円プレイヤーはそれよりも1時間早い8時出社と答えた人が最も多いのです(37.4%)。

また、1,000万円プレーヤーの6割以上が8時までに出社していることもわかりました。

「早起きは三文の徳」という言葉がありますが、年収を見てみると三文以上の徳があるようです。

1000万円プレーヤーは通勤時間を無駄にしない

新聞とマグカップを持っている女性|KEN'S BUSINESS|ケンズビジネス|職場問題の解決サイト

また、通勤時間帯の過ごし方(複数回答)についても、1,000万円プレーヤーと平均的な所得層との間で顕著な差が見られました。

いずれも「ニュースサイトの閲覧」「音楽やラジオの視聴」「SNSの閲覧」が上位3位に入っていますが、「ニュースサイトの閲覧」は1000万円プレーヤーの方が平均所得層よりも比率が高く、その他の活動は平均所得層の方が高かったのです。

1,000万円プレイヤーに多かったのは「読書」でしたが、平均所得層では「仮眠」でした。

このことから、1,000万円プレーヤーは通勤時間を有効に活用して、ビジネスに役立つ情報を収集していることがわかります。

最後に

パーソルキャリアは今年3月、日本初のハイクラス人材向けキャリアプラットフォーム「iX」を立ち上げました。

同社では、ハイクラス人材のさまざまな実態や特徴を把握するための調査を行ってきました。

この調査結果について、iX事業部長の清水浩明氏は

1000万円プレーヤーは総じて朝は早い。

朝早いと業務に集中できる、頭もさえていて、効率良く仕事をこなせるなどの声も聞かれる。

この層は役職者の場合も多いため、前日まで考えていたことを一晩寝かせ、朝一で意思決定をするなど、仕事のルーティンにしていることも少なくない

パーソルキャリアiX事業部長 清水浩明氏

とコメントしています。

出世カテゴリの最新記事