《2021朝礼ネタ》 エジソン1+1=1の考え方

《2021朝礼ネタ》 エジソン1+1=1の考え方

発明の父と言われるエジソンは、小さい頃はかなりの問題児だったと言われています。

普通の人とものを見る考え方が違ったといいますか、小学生の時は人と違った行動をしていたそうです。

特に有名なものが泥団子です。

エジソンは2つの泥団子をくっつけ、「1+1=1じゃないか」と疑問に思っていたと言われています。

たしかに、私たちの感覚では「1+1=2」なんですが、2つの泥団子をくっつけて大きな1つの泥団子にしてしまえば、1+1=1になります。

エジソンはとても扱いにくい子供でした。

教育熱心だった母親は、どれだけ学校で問題児扱いされてもエジソンの味方をし、最終的に「この子は私が教えるから」と小学校をやめさせてしまったという逸話もあります。

人と違った目線、それこそが今の社会に求められていることです。

ほかの人と同じ物のの考え方をしていても、他人と同じことしかできません。

周りからは違和感のある目で見られたとしても、独自の目線を大切にすること。

それこそが大きな成功の源になるのではないでしょうか。

《2021年》朝礼ネタカテゴリの最新記事