《2021朝礼ネタ》伊達政宗の茶器にまつわる有名な逸話

《2021年》朝礼ネタ
この記事は約1分で読めます。

東北では「独眼竜政宗」(どくがんりゅうまさむね)として非常に有名な、戦国武将の伊達政宗

そんな伊達政宗にまつわるエピソードがあります。

伊達政宗は勇猛な武将としても知られており、周囲の大名からも恐れられる存在でした。

そんなある日、伊達政宗が自分の大切にしていた茶器を使って、お茶会を開こうとしていました。

お茶会で、自分が大切にしていた茶器を部下の家臣たちに見せようとしたところ、うっかりと手を滑られせて茶器を落としてしまいそうになります。

なんとか落とさずに済んだものの、なぜか伊達政宗はせっかくキャッチした茶器をたたき割ってしまいます。

これには、家臣たちも伊達政宗の行動が理解できずに説明を求めました。

すると伊達政宗「戦場でも怯えたことがないのに、この茶器を落としそうになった時に怯えてしまった…」とのこと。

リーダーシップを取る人間には、自信とプライドがないといけないと感じた戦国時代のエピソードです。

ビジネスの現場で戦う我々も、一つひとつの行動にプライドをもって毎日を過ごす必要があるといったことを気づかされますね。

コメント