エンジェル投資とは何?|未上場企業への投資方法

この記事は約3分で読めます。

株式市場に上場している企業に投資したい場合、証券会社を通じて株式を売買すれば簡単に投資することができます。

未上場企業の場合はどうなるのでしょう?どのように上場をしていない企業に投資できるのかご存知でしょうか。実は、この未上場企業への投資こそが今回ご紹介する「エンジェル投資」なのです。

関連記事:社内起業(イントラプレナー)について

エンジェル投資について

企業側からすれば、天使のような存在の投資家

エンジェル投資

エンジェル投資とは、起業したばかりの企業や、株式市場に上場していない企業に資金を提供する投資のことです。スタートアップ企業が成長するためには、資金を調達する必要があります。

資金調達の方法には、次のようなものがあります。

  • 銀行などの金融機関からの融資
  • 国や地方自治体からの補助金
  • ベンチャーキャピタル(未上場企業に投資する投資会社)からの投資

エンジェル投資は、以上のような手段のうちの一つです。エンジェル投資では、個人が企業に直接投資します。

エンジェル投資では、個人が企業に直接投資し、その見返りとして企業の株式や社債を受け取るのが一般的ですが、なかには開発中のサービスに命名権を与えたり、役員に入れてもらうといったこともあります。

クラウドファンディングの台頭でエンジェル投資が身近に

クラウドファンディング

以前は、エンジェル投資には最低でも数百万単位の資金が必要だったため、資金力のある投資家や経営者が多く参加していましたが、近年では複数の人が資金を提供できる「株式投資型クラウドファンディング」サービスの登場により、一般の投資家でも少額からエンジェル投資を行うことができるようになりました。

株式投資型クラウドファンディング
株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。

日本証券業協会

エンジェル投資のまとめ

右肩上がりの数字

今回の記事では、エンジェル投資について説明しました。

  • エンジェル投資とはスタートアップ企業や未上場企業に資金を提供する投資である。
  • エンジェル投資の手法には「投資家のマッチングサービス」や「株式投資型クラウドファンディング」などがある
  • エンジェル投資はハイリスク・ハイリターンの投資方法
  • エンジェル投資を始める場合は、少額から始められる株式型クラウドファンディングを利用

エンジェル投資は、起業したばかりの企業や株式市場に上場していない企業に資金を提供する投資で、投資した企業が成長すれば大きなリターンが得られる魅力的な投資方法の一つです。

一方で、投資先の企業が倒産してしまうと、投資額が帳消しになってしまうため、ハイリスク・ハイリターンの投資でもあります。そのため、エンジェル投資に参加する場合は、そのリスクをよく理解した上で、余剰資金で挑戦する必要があります。

特にエンジェル投資が初めての方には、少額でリスクを抑えて始められる「FUNDINNO」などの株式投資型クラウドファンディングサービスがおすすめです。

コメント